医学部卒業後の進路

医学部の受験対策をして、医学部を卒業した後は、進路を決めます。医学部を卒業した後の進路は、ほとんどの場合は医師国家試験をう受けます。医師国家試験は、医師になるためのとても大切な試験です。この試験は、毎年合格率が89%から90%と高い水準になっているのが特徴です。この試験は、比較的合格がしやすいと言えます。

この医師国家試験に合格をしたら、前期と後期の臨床研修を5年間行います。研修医の期間が終わった後に、医師になることができると言えます。研修医の前期は、2年間基礎研修を行っていきます。後期の研修期間は、3年間専門分野について研修を行います。それぞれの研修期間で行うことは様々なものがあるのです。

他にも、大学院に行ったり、医師国家試験受験以外を行う人達もいます。大学院に行ったら、研究者や教員などを目指す人達も少なくありません。大学院では、基礎医学など色々な勉強をすることができるので研究がしたいという人達はおすすめです。医学部の受験を地方にした場合には、地方の病院で医師として働くことになります。地方で働きたいという場合は良いのですが、地方で働きたくないという場合は、地方以外の医学部に行くことをおすすめ致します。