医者以外の選択肢

医学部の受験対策をして、医学部を卒業した後は、医師になるために医師国家試験を受ける人達が多いです。医学部を目指して受験をするという人達の中には、医学部でなければいけないという考えの人が多いです。

医学部を目指しているから、医師だけになるということはないのですが、医者になりたいということ以外考えていません。医学部を卒業しても、医師以外になることはできるのです。医師以外にはどのようなものがあるのでしょうか?

例えば、政治家になったり、医系技官になることもできるので医療の経験を厚生行政に役立てることもできるのです。他にも、研究者になることもできますし、医療についてのノンフィクション小説を書く小説家になることもできます。小説家でなくとも、作家になってミステリーを書くこともできるようになるのです。医学部を目指しているからと言って、医師にしかなることができないということもないのです。

このように、医師資格があれば医師以外にも様々なものになることができると言えます。例えば、医師として働きながら自分らしく暮らすこともできますし、自分が知っている医療の知識を様々な事柄に役立てることが出来るというメリットもあります。